SKYPIX Timelapse Creation, スカイピクス・タイムラプス・クリエーション, タイムラプス撮影


Japanese    English 
Home タイムラプス作品 素材クリップ 撮影風景 営業内容一覧 長期間撮影について 講演・セミナー お問い合わせ SKYPIXドーリー販売サイト


長期間撮影について
(超長期タイムラプス)

〜 超長期タイムラプス撮影は早くから着目し永年独自に技術開発してきた弊社の得意分野のひとつです 〜


■ 撮影システムに要求されるもの

近年、住宅やビル建設現場などでの数カ月以上に及ぶ超長期タイムラプス撮影のご依頼が増えております。 超長期タイムラプス撮影は多くの困難を伴います。 当然無人撮影システムによる撮影となりますが、そのシステムは風雨や温度変化に耐え物理的にも微動だにせずに定位置で安定して撮影を継続しなければなりません。仮設電源を使用する機会も多いので予期せぬ停電など電源のトラブルがあっても自動復旧できる機能も求められます。 一口で言えば、予想もしない何が起きても長い撮影期間中ノートラブルで撮影を継続できる頑強で信頼度の高いシステムが求められています。 またデータの取得・管理・機器のメンテナンスなどには課題が多く、ましてや精細な映像で撮影する為には例え室内からの撮影であったとしてもこれら全ての問題を解決した高度なシステムが必要となります。


■ 弊社独自開発の撮影システム
これらの問題を完全に解決した弊社のシステムはすべて独自に開発したもので、多くの撮影現場での経験を基に改良に改良を重ねた言わば「ノウ・ハウのかたまり」です。 また撮影に使用するカメラはフルサイズの一眼レフカメラで4K(ないしは原画では約6K)の精細映像を撮影しております。 どこに出しても文句の付けられない精細で美しい映像をお約束します。 弊社が開発した独自の撮影システムは雨ざらしの野外、室内での撮影両方共も対応が可能です。 
当社のシステムでは日々の稼働状況の確認や画像データの回収をインターネット経由で随時行ないますので、期間が終了して蓋を開けてみたら撮れてなかったなどと言うことは絶対にありません。 超長期タイムラプスの撮影に当たってこれが一番大切なポイントです。
また撮影システムは随時新型システムを開発・投入しています。AC電源が確保できない場所の為にソーラー発電システムを持ったAC電源不要システムも用意しております。


■ 最適な特殊画像処理を施します
取得したデータは日によって天気も大きく異なり、一日の中でも時間によりまた雲の流れにより画像の写り方は全く異なったものの連続となります。 これらを単純に並べて動画化してもかなり見づらい映像にしかなりません。 超長期タイムラプス動画の制作には特別なノウハウが必要で、通常のタイムラプス動画の延長線上では良い映像を得ることはできません。 弊社では数々のノウハウを生かして、撮影後のデータ処理では特殊な専用ソフトを用いて心地よい閲覧に供すことができる映像を制作致します。 ご希望の画像サイズで、ご希望の長さ・速度で編集して完全に仕上げた動画ファイル(mp4など)で納品致します。
また、ご要望がれば撮影期間中にそれまでに撮影した画像を仮処理したタイムラプス映像をお届けすることも可能です。毎日撮影済みの画像ファイルをダウンロードして回収しているからこそ可能となる対応です。 


■ 簡易システムも用意しています
近年ではアクションカメラやWebカメラを使用して簡単にタイムラプス映像を撮影することができるようになりました。 コストは安くなりますが、一見簡単そうに見えるアクションカメラとは言え長期間の連続撮影や一日の間の撮影時間の制御、自由なインターバルタイムの設定、雨天への対応などの問題を解決しないと撮影には限界があります。 弊社では幅広くお客様のニーズに対応する為に、これらの問題を解決したアクションカメラを使用した全天候型撮影システムも開発しております。 限られた予算で、割り切った撮影をご希望の方はご相談ください。 カメラにはDJI OSMO ACTIONを使用します。 4K画像で画質も通常使用では十分なクォリティですが、レンズはカメラに装着されている広角レンズのみになりますので、画角の自由な設定など妥協が必要です。 インターネットによる監視システムはありませんが、過去実績においてはトラブルは発生しておりません。 また撮影期間中に現場でPCにケーブル接続して撮影状況の確認やファイルのダウンロードは可能です。撮影システムは小型で軽量ですので設置は大変楽です。



野外耐雨撮影システムです。 換気装置、結露防止装置、内部温度管理ヒーター、各種タイマー、インターネット接続無線装置、データ・バックアップ用外部HDDなど必要な物をすべて備えています。(本体とは別途コントロールBOXがあります) 電源はAC100Vを外部供給するタイプのシステムです。 1年間以上、野外雨ざらし環境で無事故運転の実績があります。 フルサイズ一眼レフと広角ズームレンズ(CANON EOS5DMKVとEF16-35mm F2.8)を収納しています。 最大6Kでの精細なタイムラプス映像の撮影が可能です。

 

   
 

個人宅の新築工事を3ヶ月間にわたり長期間タイムラプス撮影中。

工事用の足場鋼管など直径50mm程度の垂直パイプがあれば簡単に設置可能です。
 

長野県小海町の松原湖畔にて、マイナス20度の激寒の氷結と降雪の冬や酷暑の夏を乗り越えて、1年間以上かけて美しい自然の四季の変化を連続撮影しましたが、ノン・トラブルで撮影できています。




上のシステムで1年間撮影した風景映像です。(オリジナル画像6Kを8Kにコンバート)




別荘地で別荘の新築過程を数カ月にわたって撮影中のようすです。足場パイプをユニバーサル・ジョイントで組合わせて三脚を作り、中心の地面に数十センチ打ち込んだ垂直パイプに固定することで十分な強度の足場を作ることができます。(各三脚の地面端は短い垂直パイプを打ち込みユニバーサル・ジョイントで固定します) 取付の足場については、通常依頼主様側でご準備頂いております。(建設工事現場なのでほとんどの場合建設業者が快く施工して下さっているようです) この現場では装置を2台設置して2カメ撮影をしています。
脚元の白い防水シートは、耐雨制御ボックス(下のビル内に置いてある赤色の物と同じです)に念の為かぶせてあるものです。 一番右の写真は定期メンテナンス中の様子です。
 



都心のオフィス・ビルの内装工事の様子を撮影。 室内での撮影で100Vの電源が確保できれば、コンパクトな制御端末装置を開発していますので、すぐに撮影可能です。 最も簡単な撮影システムになります。




インターネット監視・伝送システムを接続して弊社にてリアルタイムに画像監視・データ回収できるようにシステムをグレードアップしたものです。 このインターネット監視・伝送システムは耐雨仕様となっていますので、「野外耐雨撮影システム」(耐雨カメラキャビネット)に接続して、野外での撮影でも活躍しています。



AC100V電源のない僻地、工事現場などの為にソーラーパネル電源システムを用意してあります。1週間程度雨天が続いても電源を確保できる発電量と蓄電量を確保してあります。



アクションカメラ(DJI OSMO ACTION)を利用した超小型・軽量コンパクトな低コスト撮影システムです。ケーブルにDC12Vを給電するだけで撮影が可能です。 画像はフルサイズの一眼レフを使用した他のシステムには及びませんが、4Kサイズで一般使用には十分な画質です。 
■ 小型・軽量なので取付が大変楽です。
■ 小電力のDC12Vで駆動しますので、小型のソーラー発電システムと組み合わせて電源の確保できない現場で簡単に撮影する事ができます。
■ インターネット監視システムはありませんので、撮影期間中適宜現場で撮影状況を確認するなどのリスク管理が必要になります。(過去に途中で撮影に問題が発生した事はありませんが万が一のトラブルに備える必要があります)



制作会社の方へ:

クライアント様にご提案の際に印刷してご利用ください。

超長期タイムラプス撮影に関するご説明資料 (PDF)




会社概要  プライバシー・ポリシー
  
(C) SKYPIX JAPAN All rights reserved 2014-2020