タイムラプス撮影・映像制作・ドーリー販売の Skypix Japan














LRTimelapseの日本語サポート・ページはTOPメニューのLRTimelapseからどうぞ!



インストールと初期設定


以下の手順に従って作業を進めて下さい。 どれひとつ省いても正常に動作しませんので、良くご確認ください。


まずLRTimelapseの最新バージョンをインストールする。(メニューの「ダウンロードとご購入」から)

メニューの「ダウンロードとご購入」の
STEP 2の説明に従ってダウンロードしてください。
ダウンロードしたLRTimelapseはそのままでフリー版として動作します。

そのまま、
STEP 3のご購入手続きに進む場合は、必ず同メニューの指示通り同ページ内のLRTimelapseバナーをクリックして手続きに進んでください。(直接LRTimelapseサイトにアクセスして購入手続きをした場合、弊社からの個別サポートは受けられません)


Windowsをお使いの場合

・最新バージョンのJAVAがインストールされているかご確認下さい。
こちらからダウンロードできます。

・64ビットのWindowsをお使いの場合は、「Windows Offline Java Installer (64bit)」を選択して下さい。

・古いバージョンのJAVAがインストールされている場合は、必ずアン・インストールしてから最新バージョンをインストールして下さい(重要)

・最新の「Adobe DNG Converter」をダウンロードしてインストールして下さい。
こちらからダウンロードできます。


MACをお使いの場合

・Lightroomは閉じて下さい。

・古いバージョンのLRTimelapseがインストールされている場合は、ゴミ箱に捨てて更にゴミ箱を空にして下さい。

・最新の「Adobe DNG Converter」をダウンロードしてインストールして下さい。
こちらからダウンロードできます。


LRTimelapseにライセンス:キーを登録する

LRTimelapseのソフト自体はフリー・バージョンも有料バージョン(Private/Pro)も同一です。
ダウンロードした直後の状態はフリー・バージョンですが、そこに購入後LRTimelapseから「Your License Key for LRTimelapse」と言うタイトルのメールに添付して送られてくる「XXXXX.lic」と言う名前のライセンス・ファイルをソフトに登録する事によって、購入された有料バージョンとして機能するようになっています。

(1) 送られてきたライセンス・ファイルを任意のフォルダーにコピーします。

(2) LRTimelapseのメニューからInfoに入りLicensingを選択し、そこから保存したライセンス・ファイルのフォルダーを選択すれば有料版へのアップ・グレードが完了します。

メニューのInfoからLicensingを選びます。


Activate License Keyをクリックする


ファイル選択画面になりますので、送られてきたLicenseファイルを選択して開きます。これで完了です。



Lightroomの設定

・編集/環境設定のプリセットで「プリセットをこのカタログと一緒に保存」にチェックが入っていない事を確認して下さい。(重要)

・編集/カタログ設定で「変更点をXMPに自動的に書き込む」にチェックが入っていない事を確認して下さい。(重要)


LRTimelapse5.7以降ではADOBE Lightroom Classic11とのコンビネーションで新しいフィルター(マスク)機能MASK2.0を使うために、以下の操作が必要となります。併せて設定してください。

「LRTimelapse 5.7とLightroom11 Classicについて」へ



会社概要 - 特定商取引法に基づく表記 - プライバシー・ポリシー
  
Copyright (C ) 2013-2021 SKYPIX JAPAN. All Rights Reserved.